2019年04月14日

 【渋谷大掃除大作戦決行!】   本日のアントレコースのワークでは、「ミライのエコを提案しよう」という4〜6月のテーマの第1弾企画として子どもたちと渋谷のまちでゴミ拾いを行い、どうすればポイ捨てをなくすことができるのか皆んなで話し合いました!  今回はキャットストリートを左右に分かれ、2チームで拾ったゴミの量を競争します。出発すると早速出てくるゴミ、ゴミ、ゴミ・・・子どもたちはまるで宝探しをするかのように我先にとゴミを探し、縦横無尽に走り回ってゴミをどんどん集めていました。その姿はまるで「パルクール」をしているよう・・・一緒に集めているこちらも楽しくなって「ゴミ拾いはスポーツだねえ」なんて言いながら、体を俊敏に動かし華麗にゴミを拾うことを皆んなで楽しんでいました!  LABOに戻るとチーム毎に今日の成果を見せ合いました。たくさんのゴミを集めてとても満足そうな子どもたち。 その後の「渋谷大掃除大作戦」の振り返りでは、今日の感想やわかったこと、どうすればポイ捨てをなくすことができるのか皆んなで考えました。 感想では「楽しかった!」と皆んなが口を揃えて言っていて、「家の近くでもやりたい!」という声も上がりました。 わかったこととして、「タバコのポイ捨てが多い」や「端っこや隙間に多くのゴミがある」、「ポイ捨て禁止の看板があるのにその真下にゴミが落ちている」など多くの気づきがありました。 これらを踏まえてどうすればゴミが無くせそうかという議題には、「ポイ捨て禁止の看板の近くにゴミ箱を置く」や「ゴミを隠せる場所を減らす」などのアイデアが出ました!ゴミ箱を置くのにもプラスチックやビニール袋は環境に良くないからどうしよう・・・と考えている場面もあり社会問題を自分ごととして捉え、どう解決できるか試行錯誤している姿がとても頼もしく感じました!  コドモクリエイターズインクでは、